上2人が男の子、3人目の産み分けに成功して女の子を授かりました。

上2人が男の子、3人目はどうしても女の子が欲しかったんです。

上2人が男の子、3人目の産み分けに成功して女の子を授かりました。

上の子2人は男の子だったので、どうしても3人目は女の子が欲しいと思い、ピンクゼリーで女の子を出産しました。

 

周りの友達で男の子だけのママがいなかったこと。

 

実の両親や義理母から、
「女の子がいたほうが将来寂しくないよ」
と言われたこと。

 

このような事から、最初は3人目を考えていなかったのに、どうしても女の子が欲しくなり、産み分けにチャレンジしました。

 

産み分けが100%ではないことは知っていましたし、もし3人目が男の子だったとしても受け入れるつもりでした。

 

病院に行ってまで産み分けをするのは少し抵抗がありましたので、インターネットで産み分けについて調べました。

 

行為の前に膣内にピンクゼリーを入れるだけで、80%程度の確率で女の子の産み分けができるということでした。

 

通販で購入できるので、私にぴったりだと思いました。

 

手間もかからず、行為の邪魔になるような事もありませんでした。

 

生理周期が安定していましたし、基礎体温も3ヶ月つけていましたので、排卵日の特定はすぐにできました。

 

排卵日の二日前に夫とあっさりと行為をして、女の子が欲しいと願っていたら本当に女の子だったので感動してしまいました。

 

上のお兄ちゃん二人にお姫様のようにかわいがられながら、健康に育っている娘を見て、産み分けにチャレンジして良かったなぁと思います。

 

でも時々三兄弟でもにぎやかだったかなと思いますね。

 

ないものねだりですよね。

 
page top