ピンクゼリーのQ&A(よくある質問集)

ピンクゼリーは安全?入手法は?余ったらどうする?よくある質問集

ピンクゼリーを初めて使う時は、きっと安全性や購入方法など疑問だらけですよね。

 

ネット上にたくさんの質問が寄せられていることからも、ピンクゼリーへの関心の高さが伺えます。

 

たくさんの人が知りたがっている疑問を丁寧な解説付きでお答えしています。

「ピンクゼリー」Q&Aリスト

 

ピンクゼリーは何でできていますか?

ピンクゼリーの主成分は『精製水』です。

 

保湿力アップのために『グリセリン』と『ヒアルロン酸ナトリウム』、
粘性アップのための『ヒドロキシエチルセルロース』、
膣内環境ケアのための『乳酸』、
ph値調整として『クエン酸ナトリウム』、
品質安定のための『パラオキシ安息香酸メチル』と『エデト酸二ナトリウム』が含まれています。

 

すべて医療的に問題のない成分なので安心して使用できます。

ピンクゼリーを使うと流産しやすくなるって本当ですか

ピンクゼリーと流産は関係ありません。

 

流産の多くは染色体異常によるものです。
ピンクゼリーはX精子に優位な環境を作り出すもので、染色体には影響しません。
流産の原因には、染色体異常の他に、内分泌異常、免疫学的異常、子宮異常、感染症、内科的合併症などがあります。

 

ピンクゼリーが影響することは考えにくいです。

ピンクゼリーを使うと障害児や奇形児が産まれるリスクが高まるって本当ですか

その可能性は低いです。

 

そのような報告も無いとされています。
障害や奇形は、染色体異常や放射線、感染症などに寄るものがほとんどです。

ピンクゼリーを使用した場合でも双子ができる可能性は高まりませんか

高まることはありません。

 

双子の妊娠は2つの卵子が排卵された場合、あるいは1つの卵子に2つの精子が受精することで成立するので、ピンクゼリーは影響しません。

どこに売ってますか。

ネット通販で購入することができます。
類似品も出回っているので気を付けて下さい。

 

→正規品の販売サイトはこちら

病院で処方してもらう場合は保険適用になりますか

病気の治療ではないので保険は適用されません。

色んな産み分けゼリーが販売されていますが何が違うのですか

一番重要なのは『管理医療機器』の認証を得ているかどうかです。

 

管理医療機器の認証を得ていない商品は雑貨扱いとなり、膣内に挿入して使用することを認められていません。

 

ピンクゼリーは管理医療機器の認証を得ているのはもちろん、産み分けゼリーでは初の産婦人科医と共同開発された産み分けゼリーです。

ピンクゼリーを使用した後や翌日、ゼリーが膣から漏れてきても大丈夫ですか

ピンクゼリーの使用はごく少量となりますので、翌日漏れてくる可能性は低いと思われます。

 

しかし、万が一漏れてきても心配ありません。
不快であれば、ナプキンを当てるなどして対応してください。

オークションで中古品を買っても大丈夫ですか?
オークションでの購入は避けて下さい。

 

類似品も出回っているので、正規品かどうかという問題もありますし、膣内に入れるものですので安心・安全第一で考えなければいけません。

ピンクゼリーはAMAZONや楽天で買えるの?
ピンクゼリーの正規品は公式販売サイトでしか購入できません。

AMAZONや楽天で「ピンクゼリー」と検索すると色々な商品が見つかりますが、類似品や偽物の可能性もあります。

 

確実に正規品を手に入れるなら、公式販売サイトでのご購入をおすすめします。

 

→正規品の販売サイトはこちら

page top