ピンクゼリーを使いフラフラになりながらも頑張りましたが・・・

ピンクゼリーを使いフラフラになりながらも頑張りましたが・・・

ピンクゼリーを使いフラフラになりながらも頑張りましたが・・・

私は44歳の男性です。男の子3人に囲まれて楽しい日々を送っています。
今から3年程前にさかのぼりますが、産み分けに挑戦したことがあります。

 

第一子、第二子とも男の子でした、自分自身二人兄弟だったので、3人目に挑戦する気はあまりなかったのですが、やはり女の子が欲しい気持ちがありました。
家内とも話し合いましたが、やはり同じ気持ちでした。

 

出産でお世話になった産婦人科へ相談に行き、産み分けの方法を教えてもらいました。
それまで全くしらなかった、X精子・Y精子等のことを教えてもらいました。
それに伴い、性行為を行うタイミングについても教えてもらいました。

 

教えてもらった通りに挑戦開始。正直仕事に疲れて気分がのらないときも、頑張りました。
あるときは、仕事が忙しく帰宅が夜12時過ぎたときもありました。
女の子が欲しい気持ちは家内も同じなので、遅くなったときも、その日がタイミングが合う日には「今日だからね」と声をかけられ、フラフラになりながらも頑張りました。

 

そこで使ったのが、ピンクゼリーです。行為を行いながら、あるタイミングでゼリーを使用。
なかなか微妙な気持ちになるものでした。それでも女の子が欲しいので何とか頑張り続けました。

 

しかしなかなか妊娠にはいたらず、数か月が経過しました。
お互い40歳前後ということで、なかなか妊娠しずらくなっていたのかもしれません。
あまりにもできないので、3人目は無理だねということになりました。

 

と、それから2か月くらいしたとき、妊娠していることが判明しました。
家内とそろって大喜び。女の子の服とかいろいろ調べ出しました。

 

5か月目くらいだったでしょうか。家内が病院にいって調べてもらったところ、胎児になんと、あるものが「ついている」ことがわかったのです。

 

ちょっとがっかりしたのは嘘ではありませんが、「にぎやかでいいかもね」と家内とも前向きに考えることとしました。
そして3人目の男の子が産まれました。
いまでは元気で健康な3人の男の子にかこまれにぎやかな毎日を送っています。

page top